【パンケーキスワップ】複利運用の最適タイミング自動計算ツール『CakeCalc』【プールに入れる場合の最大効率を知る方法】

シロッププールで獲得したCakeをどのタイミングで複利に回すか… 頻繁にCompoundしまくるとガス代もかかるし…

というパンケーキ職人永遠のテーマを解決してくれるツール『CakeCalc』を紹介します。

★ CakeCalcとは?

獲得したCakeをSyrup Pool(シロッププール)で運用する場合、複利を最大化できるベストのタイミングを計算してくれるツール

ウォレットと接続するだけで簡単に利用することができるので、シロッププールでパンケーキを複利運用している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

CakeCalcとウォレットを接続する

まずは『CakeCalc』へアクセスし、ウォレットと接続しましょう。

STEP
『CONNECT WALLET』をクリック
STEP
『次へ』をクリック
STEP
『接続』をクリック

 

これでCakeCalcとウォレットの接続は完了です。

CakeCalcを使ってみる

接続できたら、CakeCalcを使ってみましょう。

現在のウォレットとプールの状態を確認できます。

『PRICES』をクリックすると、

ウォレットに保存されている通貨数と価格が表示されます。

『CHANGE AMOUNT』をクリックすると、

Cake数とAPRを自由に変更することができます(シミュレーション用に)

獲得したCakeを複利に回すベストタイミングを教えてくれます。※↓の場合は「2.5日毎、または5.804CAKE毎にCompoundして複利に回すのがベスト」ということです。

1か月で獲得できるCake数を表した折れ線グラフ。複利に回すタイミングによって獲得できるCake数が異なっています。※青丸がベストのタイミング。

現在のAPYを維持しつつ、最適のタイミングで複利運用を継続した場合に、1年間で獲得できるCake数を表したグラフ。

Compoundする(複利に回す)タイミング毎のシミュレーション値

★ 各項目の意味

  • Period:Compoundする(複利に回す)間隔
  • Periods in 1 month:1か月にCompoundする回数
  • Network fee:Compound1回あたりに発生するガス代
  • Fees in 1 month:1か月のガス代
  • Period interest rate:期間ごとの金利
  • Composed interest rate:トータルでの金利
  • Cakes by period:獲得できるCake数
  • Earned in 1 month:1か月で獲得できるCake数

③ シミュレーションできるのはSyrup Pool(シロッププール)で運用しているケースのみ

CakeCalcでシミュレーションできる値は、Syrup Pool(シロッププール)で運用しているケースだけです。Liquidity Pool (LP)に関しては、現時点では対象外となっています。

まとめ

ダラダラと説明してしまいましたが、パッと見だけで感覚的に理解できると思うので、Syrup PoolでCakeを運用している方は、ぜひ使ってみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる